信販系クレジットカード

2013年08月08日

信販系クレジットカード

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

信販会社の“信販”とは、“信用販売”の略で“現金後払いによる販売方法”のこと、つまり、“販売信用=クレジット取引き”のことです。

この“販売信用(クレジット取引き)”を主な業務とする会社が“信販会社”という訳ですねビル

クレジット事業を行っている訳ですので、勿論、クレジットカードの発行も行っています。

信販系クレジットカードの特徴としては、「多くの企業と提携している」ことと、「オートローンやショッピングローンでも使える」ということです。

●Reader's Card(リーダーズカード)
JACCS(ジャックス)が発行しているクレジットカードですね。

最低でも1.5%〜最大2.3%と、高い還元率が特長ですので、ポイント重視の人に嬉しいカードです。

普段の買い物で貯まったポイントは、Amazon限定デポへの交換では1.8〜2.3%の還元、Jデポだと、1.5%の還元、JACCSモールを経由すると最大12倍のポイント、という具合ですね手(パー)

年会費は初年度無料、年間50万円以上ショッピング利用で翌年度無料、付帯保険も国内/海外旅行傷害保険があります。

提携国際ブランドはビザ、還元率が良く、保険もきちんと付いていますので、メインカードとして1枚持っている人は多いですよ。

●オリコUPty iD
オリエントコーポレーション(オリコ)は、ショッピングクレジットやオートローンで有名な信販系クレジットカード会社です。

様々な業界の会社と提携してクレジットカードを発行していますので、意外に、身近に、オリコ発行のクレジットカードがあったりしますね。

このクレジットカードは、年会費永年無料、電子マネー「iD」搭載で、スピーディー且つサインレスな支払いが可能、珍しい縦型デザインのカードであることが特徴ですよ。

「ベルメゾン、DHC、アップル、DELL」など大手企業が沢山入っているショッピングモールの「オリコモール」で買い物すると、ポイントが通常の2〜20倍貯まることがウリです。

毎月お支払いはリボ払い、余裕がある時は、365日24時間コンビニ・ATMでいつでも追加払いが可能であることも、とても便利ですよね。

マスターカード付き、世界51都市の“オリコトラベルデスク”が使えますので、海外でも安心できます飛行機

●UCカード FreeBO!
UCカード株式会社は、りそなカードやNTTファイナンスなどがグループ会社であり、みずほ銀行や伊藤忠商事などが株主という、大手で安心・信頼できるカード会社です。

このカードは、「毎月払い(自動引き落とし)」+「いつでも払い(ATMでの入金)」 の組み合わせで、好きな時に、好きなだけ、自分のペースで支払いができることが魅力的ですね。

ポイントは有効期限がない“永遠不滅ポイント”、500サイト以上、5万店舗以上が参加している『永久不滅.com』を利用すると、最大19倍のポイントが付きますよ。

ANA :1ポイント → 3マイル、JAL: 1ポイント→ 2.5マイルと、他に比べてマイレージ移行も高レートであることも特長です。

信販系クレジットカード会社が発行しているカードなだけに、特典サービスも充実していることが多く、安心感もあるというのが、全体的なメリットだと言えますグッド(上向き矢印)

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)




posted by クレジットカード種類まさこ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。